眞弓隆治相談役と前田周二代表取締役社長が
「スラックスマイスター」として認定。

9/4(木)東京 高輪プリンスホテルにおいて、日本メンズファッション協会主催(後援 経済産業省)「2014MFUマイスター<技術遺産>」認定・授賞式が行われ、弊社の眞弓隆治相談役と 前田周二代表取締役社長の2名が「スラックスマイスター」として認定されました。

このたび「次の時代に伝承すべき高度な技術、知識、見識を持つ技術者」として認めていただいたことを誇りに思うと同時に、今後もその技術を継承、発展させていくよう努力していく所存です。ありがとうございました。

「2014 MFUマイスター」認定・受賞式

「2014 MFUマイスター」認定・受賞式
受賞の挨拶をする眞弓相談役

「2014 MFUマイスター」認定・受賞式
司会者のインタビューに答える前田社長

眞弓隆治相談役と前田周二代表取締役社長
授賞式が終わり、ほっとした表情に。

「2014 MFUマイスター」認定・受賞式

「スラックスマイスター」受賞者のコメントと
プロフィールをご紹介。

眞弓隆治
身に余る光栄に感じております。今回の認定におきましては、関係各位のご尽力のお蔭と感謝いたしております。
また、この45年間、エミネント、エミネントスラックスに育てられ今回の認定に繋がったものと思っております。
ものつくりには最終着地点はなく、限りないものであることを再認識いたします。これを機に、研鑽を重ねて参りたいと思います。ありがとうございました。

株式会社エミネントスラックス相談役 長崎県松浦市出身
1969年入社。同年8月松浦に完成した新工場に1期生として勤務。高度成長期でフル稼働の工場で技術を習得、海外の技術も取り入れ、合理化にも着手。その後も日々スラックスづくりの探求に励み、美しく仕上げるためにオリジナルの機械開発や搬送システム改革、人材育成に尽力、多くのスペシャリストを育てた。社長、会長を経て、相談役となった現在も製造の現場を歩き、自らの目でものづくりを確認している。信念は「もの言わぬ ものがもの言う ものづくり」

前田周二
高輪プリンス400数名の皆様の前でスポットライトを浴び表彰を受けられたこと、皆様に感謝です。
今までを輝かせるには、これからが大切です。長崎県松浦市から、パンツ専業メーカーとしてしっかりと伝統と文化の継承にイノベーションを起こしてまいります。

株式会社エミネントスラックス 代表取締役社長
1987年入社。工場の生産管理のシステム化に携わる。現場・現物主義を貫き、その経験をもとに、「セルラインシステム」を導入。職人の技術領域を広げ、特別仕様やパターンオーダーなどの少ロット生産にも対応できるラインを構築した。これが今や松浦工場の高品質なものづくりのベースになっている。その後眞弓社長の後継者として社長に就任。世の中のトレンドを確実に現場に反映し、さらなる技術向上とともに、やがて「松浦工場」がゆるぎないブランドとなることを願って奔走中である。

「2014MFUマイスター認定」とは?

<MFUマイスター認証を受ける対象者>
●格段にレベルの高い伝統技術、革新技術、環境技術、ユニークな技術を有した個人あるいは団体に授与します。
●日本人技術者あるいは技術所有会社のみを対象とし、最終生産地が国内であるものを評価対象とします。

<応募資格・条件>
□当該分野において、卓越した技術と経験を有し、これを後世に 広く伝承していく強い意思と能力をお持ちの方
□当該分野において、合算して20年以上の経験を有する方(企業の場合は10年以上の取り組み経験を有すること)
□上記2点を客観的に証明可能な履歴を有している方
□マイスターの称号にふさわしい人格と認められる方(企業の場合は企業理念およびこれまでの企業活動内容が含まれる)

<審査方法>
●1次審査(書類、資料、実績審査) 
●2次審査(1次審査通過後、工場・工房・研究機関等の実地調査)

 

「2014 MFUマイスター」認定・受賞式

このページのトップへ